機雷による海事レベリング



交易を中心にやっていても冒険を中心にやっていてもスキル枠を増やしたり、乗れる船の為、あるいは職業の為、海事LVを上げる必要が出てくる事はよくあります。

一般的には砲撃で海事レベリングする方が多いですが、機雷を中心にレベリングした方が速いですし、スキルが少なくてすみます。

攻撃系のスキルで、砲撃の場合、砲術、弾道学、水平射撃辺りは必要ですし、場合によっては貫通や速射も必要になってきます。

機雷で上げる場合、機雷敷設だけで済みますので、商人の方のレベリングに向いてます。

もちろん、将来対人を中心にやる方は砲撃でレベリングして砲撃系スキルを上げるべきですが、単に海事LVが必要なだけなら、馴れれば機雷中心のがいいです。

機雷R15になると直撃で250、誘爆でも100~150位与えますので。なお、太陽の護符と保管もあればかなり楽になります。

敵AIとしては、ジェノヴァ商船隊タイプのケツを追ってくる砲撃タイプの敵がやりやすいです。

機雷を当てるために近づく必要があるので、砲撃の強い相手や散るタイプは苦手です。

機雷によるレベリングの利点

・大砲は店売りの一番安いやつ、飾りでおk。カロなどを買ったり作る必要がない。

・スキル枠数が少なくて済む。

・相手を選べば砲撃のみより速い。砲撃と機雷を併用した方が速いですが。砲撃だと装填時間が必用ですが、機雷は蒔き→踏み→蒔き→踏みなので、全然速いです。

・機雷敷設スキル自体が砲撃に比べかなり上げやすい。また修理もかなり上がる。

・かなり忙しい操作が必用なので、操作に慣れる。

・中型船とかでもいける。大砲が攻撃としては不要なので(ダメージを散らす為飾りとして安いのつけるの推奨)、中型船でも高耐久ならブギスなども余裕で狩れる。

・敵が、勝手に機雷踏んで死ぬ姿が面白い。


機雷によるレベリングの欠点

・機雷いっぺんに12発までしかおけないので、当て損なうと、めんどくさい。

・操作が忙しい。機雷蒔き、修理、旋回、弁当。結構忙しい。

・誘爆によりよく自爆死する。操舵Rが低く機雷が高Rになると、敵の砲撃より自分の機雷誘爆の方が痛い。

・砲撃系スキルは上げられない。

・最初に覚えるのに、海事LV15、戦術2必要。

・船が速攻底になる。

・大量の砲弾、資材が必用なので、食料水は積めない。

・倒す数にムラが出来る。旗艦のみしか倒してないという事も良くある。また敵が勝手に踏んで死ぬので、いつのまにか終ってる事もある。

・艦隊は組めない。艦隊を組むと敵の動きを操作出来ないので、機雷を当てにくい。ソロ上げ向き。


敵としては苦手なタイプと得意なタイプがあります。

苦手なタイプ
・アユタヤ傭兵艦隊

・マタラム私掠

・バンダ海賊

・モルッカ

得意なタイプ
・シャム湾海賊

・ブギス

・テルナーテ武装

・ジェノヴァ商船隊

・ヴェネチア商船隊

例えば、シャム湾海賊は固いので砲撃で倒すのに苦労しますが、機雷R15だと2,3発踏ませて終るので瞬殺できます。
ブギスは砲撃がそこそこ強いので、クリはなるべくもらわないようにしたい所です。

やり方とかは機会があれば書きますが、直接聞いてもいいです。一般的な機雷のやり方を一緒です。

  • 最終更新:2011-06-21 13:51:17