サルベージ

サルベージの基本(作成中)

① 断片地図をめくって、地図を完成させます。
  引きあげ数が少ないうちは少ない断片で地図が完成しますが、引き上げ数が増えていくと必要断片数がどんどん増えていく傾向にあります。

② 完成した地図を見て、海域を特定します。
  実はこれが一番大変かもです。特徴のある陸地が表示されている場合はそうでもないですが、極端に陸地が少ないとか、あるいは陸地が全く表示されていない地図もあります。また気に入らない地図は破棄することもできますがもったいないので破棄はやめましょうw
※ 特定が難しい地図についてはコチラ

③ 特定した海域に前進します。

④ 完成した地図の海域のそばの海域に侵入すると、「この近くの海域に目標の船が沈んでいるようです」と教えてくれます。該当海域に侵入すると「この海域に目標の船が沈んでいるようです」と教えてくれます。

⑤ 細部位置の特定
  該当海域内で沈没船の地図を見ると、おおよその位置が見にくいですが「×」で表示されます。その「×」の位置に船を進めて、近くなったらサルベージスキル(アイテム)を使います。艦隊を組んでいくと誰が近いですと表示されますので、もう少しアタリがつけやすいと思います。この際、副官の担当を「見張り」にしておくと、ヒットポイントエリアに入ると、「木片が浮いています」っぽいこと言ってくれます。この言葉が出ると沈没船はもうすぐですw

⑥ ヒット!
  沈没船にヒットすると船は自動で停止します。引き上げていくと「沈没船が浮かび上がってきました! 引き上げ状況は○○%です」と教えてくれます。この際問題になるのが一回で何%引き上げているかです。ほぼドンピシャの座標で引き上げるとこの上昇率は当然高くなります。その反対でずれていると上昇率は低くなります。私の体感ですが、6%の上昇率で何とか引き上げが成功、それ以下ですと引き上げ途中で限界がきてサルベージ失敗になります。上昇率が小さい場合は一旦サルベージを中止して極小移動してポイントを変えます。それを繰り返して上昇率の高いポイントを見つけてください。

⑦ 港まで曳航します。
  引き上げた沈没船は港まで曳航してその港に繋留する必要があります。曳航スキル(アイテム)がなくても曳航はできますが、途中で曳航失敗でまた沈んでしまうことがあります。沈んでしまった場合は再度引き上げなくてはなりませんので注意してください(一度引き上げた沈没船を何回引き上げてもサルベージ・スキルの熟練度はもらえません)。
※ 私は曳航スキルもアイテムも使わないで曳航します。切れそうな場合は一旦停止して、船が止まったらサルベージスキルを発動、最低速度で再度前進を開始します。当然曳航失敗で沈没船は沈みます。沈んだ瞬間に船を停止、発動していたサルベージスキルが沈没船を引き上げ始めます。当然沈んだポイントで引き上げるのですから、引き上げ率は30%とか40%です。簡単に引き上げれますw

⑧ 沈没船の調査
  港に係留した沈没船は、係留した港でも調査できますが、なぜかどこの港でも調査可能です(大航海時代オンラインの親切で不思議なところです)。調査を開始すると宝箱が沈没船の☆の数マイナス1個あります。宝箱を開けることが出来るのは引き上げた人しかできません(艦隊で調査するときは、「なんで開かないの?」なんてことは言わないようにw)。中には開錠スキルを要求してくる宝箱もありますので、頑張って開錠上げしてくださいw
 この際宝箱にアイテムや装備、交易品(金や銀の貴金属類、エビカニマグロなどの海産物)が入っているものもあります。交易品に限っては艦隊の皆さんにもお裾分けがありますので船倉庫をあけて調査に挑みましょうw
宝箱を調査していると、敵が侵入してくることがあります。陸戦で蹴散らしてください。

  • 最終更新:2012-03-25 20:59:26